第273夜 Intense Pepper

トップが去るまで待って!

 

DATA

Name:Intense Pepper(アントンスペッパー)
Brand:Montale(モンタル)
Lauched in 2014
Perfumer: Pierre Montale
50ml ¥14,300

My Episode

ウードの香りは重い、というのが一般的な認識だし、ぼくもそういうウードの香りが大好きなのだが、そういう先入観を持っていると、肩透かしを食わされることがたまにある。
ウードが入っているからといって、全部が全部重いというわけではないのだ。中には、あれ?本当にウード、入っている?何かの間違えじゃない?と疑ってしまうことも。
この「Intense Pepper」も最初に肌に載せた時はそんな感じがした。あれ?これさ、ウード入っているっていうけど、どう鼻をうごめかしても柑橘系の香りしかしないんですけど?と調香師のピエールの鼻に突っ込みを入れたくなるほどウード感がしない。
さらに言うと実はペッパー感もそれほど強くない。香水の名前を直訳すると「強烈なペッパー」となるのだが、そんなに強烈か?誇張し過ぎじゃね?JARO案件か?と疑ってしまうほど。
だが、不思議なことに、肌に載せてしばらくすると、だんだんと印象が変わってくる。トップに感じられた柑橘系の香りはすぐに肌の上で温められて柔らかく丸みを帯び、その次に顔を出すのがかすかなペッパーの香りだ。ただ、「Intense(強烈な)」というほどではない。そして、そこからウードっぽい深みのある香りが出てくる。
あぁ、なるほど、ここでウードがこう出てきたか?という感じなのである。トップの柑橘系やミドルのペッパーを残しながらも、そこにウードが重なると、非常に落ち着いた、そして静かなウッディな香りになる。これは意外性もあって楽しい。
夏になるとどうこれが変化するのか楽しみではあるが、まだ少し肌寒い日もある時期はとても軽やかにウードを楽しめるのではないだろうか。

 

NOTES

Top notes:Black Pepper, Sicilian Lemon, Pink Pepper
Middle note:Floral Notes
Base notes:Cedar, Agarwood (Oud), White Musk, Oakmoss, Amber

ミドルノートがフラワーノートになっているが、そんなにがつんとフェミニンな感じがしなくて、ラストのシダーやウード、オークモスといったウッディな香りがアンバーの甘さとともに香り立つところが素晴らしい。

My Evalution

★★★★★
これはモンタルの中でもぼくの鼻に非常にヒットする香り。トップの柑橘系だけがどうしても受け入れられないのだが、それさえ我慢しちゃえば、もうあとはウッディに変化するだけで、実は香水というのは、そこからの香りが長いので、そのウッディさを楽しみたい。

第272夜 Attar

ローズなウードはスパイシーに

 

DATA

Name:Attar(アテール)
Brand:Montale(モンタル)
Lauched in 2005
Perfumer: Pierre Montale
50ml ¥12,100

My Episode

とにかくウード系の香水は日本で一番所有していると自負しているので、こうなったら、入手できる限り入手してやれ!と思っているのだが、今調べてみたら、モンタルだけでぼくが持っているウード系香水は現時点で35本になる。恐らく、他のどのブランドでもこれだけのウードの入った香水は作っていないだろう。
こうなったら、日本では入手困難なモンタルの香水も何とかして集めてやる!と意気込んでいるのだが、ざっと調べただけで、17本もあるので、これはライフワークになりそうだと覚悟をしている。
ただ、問題なのはモンタルは日本国内でも実店舗で扱っているお店が少なくて、試すことができない。まぁ、でも、試してしまったら、いくらウードが入っていても、買わないという選択肢もできてしまうので、実はブランドの方が(使う使わないは別として)コレクションするという意味では良いのかもしれない。
さて、今回ご紹介する「アテール」だが、これ、もし店頭で試したら、絶対に買わないと思う。それぐらいぼくの鼻には合わない香りだった。
ウードというよりもローズがメインの香りなのだが、濃いめのローズにありがちなスパイシーな香りが非常に強い。
それも、山椒のようなスパイシーさが感じられるのである。
この山椒のようなスパイシーさは、ウードとローズの組み合わせの香水に多く見られるようで、今までにもいくつかのレビューでそのことについて書いている。

 

1001perfumenights.hatenadiary.jp

1001perfumenights.hatenadiary.jp

1001perfumenights.hatenadiary.jp

1001perfumenights.hatenadiary.jp

1001perfumenights.hatenadiary.jp

しかし、ヴィトンの「オンブルノマド」の時も山椒的な香りのことは書いているのだが、その山椒感がそれほど前面に出ていなくて、あくまでも主役はウードなので、だからこの香りの評価は非常に高いのである。

1001perfumenights.hatenadiary.jp

NOTES

Bulgarian Rose, Agarwood(Oud), Sandalwood

細かい香りの構成はFRAGRANTICAには掲載されていないのだが、メインとなるのはこの3種類のようだ。なるほどね、ローズとサンダルウッドが使われているので、ぼくの鼻が曲がってしまうのかもしれない。

My Evalution


そうなの、本当にごめんなさいなの。どうしてもこの手の香りはヒリヒリし過ぎて無理。
公式サイトによると
マハラジャの香り」と呼ぶのにふさわしい香り。
と紹介されているというのに!

第271夜 Wood and Spices 

メタリックなウードは柔らかに変化

 

DATA

Name:Wood and Spices(ウッドアイドスパイス)
Brand:Montale(モンタル)
Lauched in 2005
Perfumer: Pierre Montale
50ml ¥11,000

My Episode

モンタルはウード系の香水をバンバン出しているフランスのブランドで、そのおかげで、ぼくも結構ここのブランドの香水は持っている方。
しかし、たくさん出せば良いというわけではなく、やっぱりどうしてもその中でも自分の中で優劣はつけてしまうのは仕方ない。
むしろ、数が多ければ多いほど、鼻のハードルは自然と上がってしまうので、ウード出せば良いだろう?的になってしまうと、ぼくの鼻はつむじを曲げてしまうのである。
逆にウード系の香水をたくさんあると、どうしても厳しい評価を出さざるを得なくなるという側面もある。
モンタルは確かにウードの香りが多くて、そこが魅力なのではあるが、だからといって、好きなブランドか?と聞かれると非常に微妙な返事をしてしまうのである。
ただ、やはりこれだけのウードを香りを出しているのはユニークだと思うし、いろんなウードを試したいと思っているぼくには非常に魅力的なので、これからもきっとモンタルの香水は集め続けることになると思う。
さて、今回ご紹介する「ウッドアンドスパイス」はムエットに載せた時と肌に載せた時では印象がまったく異なる香水だ。
ムエットに載せた時は、なぜかぼくはものすごくメタリックな印象を受けた。冷たい感じがするのだ。しばらくするとそのメタリック感は薄まるのだが、そのメタリック感の要因が今一つ香りの成分を見てもわからない。
恐らく、様々な要素が絡み合って、ぼくの鼻がそう感じるのであろう。
ところが、肌に載せてみると、その印象はがらりと変わる。一瞬メタリックな香りはするのだが、それはすぐになりを潜め、柔らかいパウダリーな香りに変化する。
恐らく、ぼくがメタリックと感じるのは、スパイスの部分なのだと思う。前にも何かの香水の時に書いたと思うのだが、ぼくにとっての香水におけるスパイスというのは、クローブやシナモンといった、ちょっと甘さを伴ったスパイスのこと。それ以外のスパイスはどうしてもツンツンとしたメタリックに感じてしまうらしい。
ただ、肌の上に載せると、少し柔らかくなるこの「ウッドアンドスパイス」はそれほどつんつん感はないので、まだ許容範囲かなという気がする。

NOTES

Sandalwood, Incense, Agarwood(Oud), Vetiver

サンダルウッドやベチバーの香りって、グリーンな印象があるのだが、この香水にはそういうグリーンの要素はあまりない。だからぼくの鼻はまだ受け入れられるのかもしれない。

My Evalution

★★★
受け入れられるとはいっても、じゃあ、この香りをどんなシチュエーションで纏うか?と問われると、ちょっと戸惑ってしまう。敢えて外につけていく気はしないし、かといって家でつける感じでもないし。こういう香水、本当にたくさんあるんだけど、どうやって消費しましょ?って思っている。

第270夜 Finnegan HCE

スモーキーなウードで燻されて!

f:id:happyinkdays:20220411104523j:plain

 

DATA

Name:Finnegan HCE
Brand:Mirko Buffini Firenze(ミルコブッフィーニ)
Lauched in 2017
Perfumer: unknown
日本未発売(?)

My Episode

イタリアの香水ブランド、ミルコブッフィーニは、通常のブラックラインとは別に、青いボトルのシリーズを出している。これはHCEと呼ばれるシリーズで、おれは、ジェームス・ジョイスの『フィニエガンズ・ウェイク』という超難解小説から着想を得たというシリーズ。ちなみにHCEというのは、主人公の名前であり、すべての人や場所であり、小説の中にちりばめられた言葉遊びなのだとか。(なんだか、それだけでも良くわからないのだが…汗)
そのHCEシリーズの中の「FINEGAN」、昨年の秋のイベントの時は購入できたのだが、日本の公式サイトを見てみると商品の一覧に掲載されておらず、ひょっとしたら、今は日本では展開していない香りなのかもしれない。
でも、個人的には非常に好きな香りなので、これは購入しておいて良かったと思っている。
前回ご紹介した「NNN」と同様にウードが入っているのだが、こちらの方がよりウドウドしい(笑)。ウードらしい独特のウッディな個性が感じられる香りなのだ。
そして、深い。
ウードが好きな人はきっと好きになるに違いない香り。
でも、ウードが苦手な人の鼻はピクリとも動かないだろう。
日本で展開しづらい香りなのかもしれない。
ただ、個性的な香りとか、重い香りを好んでつけている人も最近は増えてきているので、これはぜひとも、例えばイベント限定という形でも良いから日本でもご紹介して欲しいなと思うんである。
ちなみに、日本の公式サイトに載っていない香りで気になっているのが「WAKE」「MR,FRY」「HERMA」で、こういうのはイベントでがんがんご紹介いただきたいと、改めて担当の方にお伝えしなくては!と思っている。
でも、「FINEGAN」と「WAKE」に関してはHCEのコンセプトに沿った香りなのだから、日本でもスタンダードな香水として扱って欲しいなぁと思ってしまうのである。

NOTES

Top note:Elemi,Black pepper, Cardamom
Middle note:Olibanum, Tobacco leaves
Bottom note:Agarwood(Oud), Patchouli, Licorice wood

なぜか、いつも参考にしているFRAGRANTICAには詳しいNOTESが掲載されていなかったので、こちらはMIRKO BUFFINIの本国の公式サイトの情報。
ところで、いつも思うのだが、ミルコ、ウード好きでしょ?あとシナモンも好きなはず。いつか本人にお会いすることがあったら、ぜひともそのあたりのことを聞いてみたいと思っている。

My Evalution

★★★★
NNNと比較すると重めウードなんだけど、どっしりとしているというよりも、スモーキーな感じもする重さ。ベタベタしていないんである。だからこれもまた夏に纏うのに良いウードなんじゃないだろうか。

第269夜 NNN HCE 

夏に向けて大活躍しそうな軽めウード!

f:id:happyinkdays:20220411104516j:plain

 

DATA

Name:NNN HCE 
Brand:Mirko Buffini Firenze(ミルコブッフィーニ)
Lauched in 2017
Perfumer: unknown
30ml ¥16,500

My Episode

イタリアの香水ブランドというと、何となく胸毛もじゃもじゃの男性から漂う、濃厚でエロティックな香りが多いという勝手な印象を持ってしまう。もちろん、そういう雰囲気を持つ香りは多いことは事実なのだが、当然のことながら、そういったフェロモン香水ばかりというわけではない。
今日ご紹介するミルコブッフィーニもなかなか面白いイタリアのブランドで、かなり個性的な香りをいくつも作っていて、ぼくも毎回店頭で試すのが楽しみなブランドだ。
このNNNは昨年の秋ごろのイベントで購入した香りなのだが、ウードが入っているものの、それほど重くはなく、これから暑くなる季節にちょうど良いバランスの取れた香水だと思う。
ウードをベースに従えながらも、ここまで軽い印象を持つのは、恐らく、他の香料が軽いからなのだと思う。それでいて、非常に個性的なのは確か。
どこがどう個性的なのかと言うと、独特の深みのようなものが感じられるのである。決して爽やかなな香りではない。それなのに重くないというのがこの香りの面白さ。
個性的な香りというと、どうしても、どっしりとしているような感じがあったり、鼻に残るまったり感を連想したりするのだが、この「NNN」はそういった重さのようなものがまったくない。
個性的なのに軽やかという香りはかなり貴重なので、これは店頭でみかけたら、ぜひいろんな人に試して欲しいなと思うのである。

NOTES

Top notes:Chili Pepper, Saffron
Middle notes:Jasmine, Rose Petals, Heliotrope
Base notes:Milk, Agarwood (Oud), Sandalwood

トップのチリペッパーやサフランという香料を見ただけでは、かなりスパイシーな香りを想像しがちだが、それほどピリッとした感じはしない。ヘリオトロープだとかミルクといった香りがそれを抑えているのかもしれない。そして、それらの香料があいまって、この独特の重くないけど個性的な香りというのを出しているのだろう。

My Evalution

★★★★
他の人とあまりかぶらない香りが欲しいと思っている人にぜひおすすめしたい香り。そして、非常に男性的な香りでもある。ローズは入っているけど、フェミニンさはゼロ。なので、女性がつけると、非常にかっこよく香るだろう。これからこの香りとじっくりと付き合いたいと思っている。

第268夜 1996 Inez & Vinoodh 

トップから感じる個性的な重い香り

f:id:happyinkdays:20220411104510j:plain

DATA

Name:1996 Inez & Vinoodh 
Brand:Byredo(バイレード)
Lauched in 2013
Perfumer: unknown
50ml ¥24,530

My Episode

昨年、香水好きの友人に勧められて知ったブランド「BYREDO」は、渋谷のPARCOにポップアップショップができ、なかなか日本で手に入らない香水も扱っているというので、先月初めて行ったのだが、お店の方と香りの話で盛り上がったし、他の様々な香水も試させてもらったので、また機会があったら行きたいと思っていた。
ポップアップショップは8月までなので、余裕はあるのだが、渋谷にはあまり行かないので、行く回数が限られてしまうのだ。
前回ご紹介した「MUMBAI NOISE」を購入した時にもらったサンプルが、あまりにも良くて、2mlのサンプルを2回で使い切ってしまったので、これはお店に買いに行かなくちゃと思っていた。
先々週、たまたま髪の毛を切る用事で三軒茶屋に行ったので、その帰りがけに渋谷のポップアップショップに立ち寄った。もう、目的はこの「1996」で、お店に入るなり、買うことは決定していた。
新作も試させてもらったものの、ぼくにはちょっと物足りないなと思ったので、この「1996」だけをお買い上げ。
この香りはヴォーグの常連カメラマン夫婦の作品「Kirsten 1996」にインスパイアされて作られた香りなのだとか。
ぼくはあまりファッション誌関係は詳しくないのだが、この香りは日本ではちょっとレアな扱いらしく、常に店頭にサンプルボトルが並べられているのではないらしい。
確かにぼくも伊勢丹の売り場でもこの香りは見た記憶がない。
恐らく、他の香りほどこの香りは日本人好みではないので、店頭には置かないのかもしれないのだが、そういう香りほどぼくは気になってしまうのだ。
なんせ、ぼくは初めて訪れる香水屋さんでは開口一番「一番日本で売れない香りはどれ?」と聞いて、そこから試してしまうくらいだから。

さて、この「1996」は肌に載せた瞬間にその面白さが始まる。ちょっと他の香りにはない、独特の雰囲気が漂っているのだ。ムワッとした濃厚な香りは、甘さも伴っていて、それでいてワイルドな面も最初から感じられる。あぁ、なるほど、日本人はこういう香り苦手な人多いよね、っていうのがトップノートから全開なんである。

重さもあるし、甘さもある。そこにパチョリやレザーとくれば、もう何となく想像はつくだろう。

でも不思議なことに、ぼくはあまりベタベタとした甘さは感じなかった。バニラ系の甘さはあるものの、クリーミーではなく、どちらかというと、ちょっとスモーキーで、そこがまたぼくの鼻の気に入った。

きっとこれは夏場でも大活躍する香りなんだろうなと思う。

NOTES

Top note:Juniper Berries
Middle notes:Iris, Violet
Base notes:Amber, Patchouli, Leather

トップのジュニパーベリーは、何となく印象的にはもっと瑞々しい感じなんじゃないかと思うのだが、恐らくパチョリやレザーの重さを少し軽減させるぐらいの役割をしているだけで、香り全体にみずみずしさを感じさせるということはないと思う。

My Evalution

★★★★★
なかなかありそうでないような香りで、重い香りが好きな人にはぜひ試して欲しい。外国人の男性がセクシーにつけているような印象もある。こういう香りがもっともっと日本で受け入れられるようになったら面白いのにといつも思うのだが。

第267夜 Mumbai Noise

アンバーとウードの濃厚な香りに包まれて

f:id:happyinkdays:20220330134456j:plain

 

DATA

Name:Mumbai Noise 
Brand:Byredo(バイレード)
Lauched in 2021
Perfumer: unknown
50ml ¥22,000

My Episode

香水の名前というのはとても大切だと思う。
なぜなら、香水というのは、目に見えないもので、イメージが何よりも大切にされるものだから。
だから、香水の名前というのは、その名前だけでも香りを妄想する楽しみを秘めている。
例えば、ぼくの大好きなラルチザンパフュームの「バラ泥棒」だとか、ディオールの華氏という意味の「ファーレンハイト」、あるいは催眠的な毒という意味の「ヒプノティックポワゾン」なんかは、ネーミングセンスが抜群に良いなと思ってしまうんである。
そういう意味では、今日ご紹介する「ムンバイノイズ」もまた妄想を掻き立てられる名前なんじゃないかと思う。
ムンバイは、インドの第二の都市で、紀元前からの歴史を持つ古い都市でもある。もう、それだけで、ぼくの鼻はヒクヒクとうごめいてしまうのだ。
インドは行ったことはないけれど、昔から憧れの地でもある。
様々な仏教遺跡を有し、歴史的にも古い国で、広大な土地に様々な文化が根付いている国。
そんな国の都市の名前がついているんだから、期待しないわけがない。
そして、名前からぼくはすでにそこにぼくの大好きな香料があるに違いないと思っていた。
そうしたら、案の定、大好きなウードが入っているらしいという情報はすでに手に入れていた。
そんな期待を胸に、ぼくは渋谷に期間限定でオープンしているバイレードのショップに遊びに行ったのだ。
目的はただ一つ、そのムンバイだけ。
すでにバイレードのウード系の香りは持っているので、そのことをお店の方に伝え、今日はそんなウードの新作を試しに来たとお伝えして、早速ムエットで試させてもらった。
その瞬間からぼくの鼻はこの香りにわしづかみにされたんである。
濃厚なウードがまずトップからしっかりと感じられるのだが、さらにそこに独特の甘さが加わる。これって、絶対にアンバーだよね?この甘さはアンバー系の甘さだよね?というのがすぐに感じ取れる。
グルマンとも違う、もう少し違う甘さが漂うのである。
アンバー系の甘さとグルマン系の甘さの決定的な違いはそのスモーキーさにある。アンバー系の甘さはどこか煙たさを伴っているのだ。一方グルマン系はもうちょっとこってりとした、クリーミーな甘さ。
さて、このムンバイノイズはそんなアンバー系の甘さをしっかりと感じられるウードの香りが特徴的で、そこがインドらしさをさらに強調しているように思える。
でも、それだけではなく、コーヒーやトンカビーンといったグルマン系の甘さもしっかりと兼ね備えていて、これは、アンバー系好きもグルマン系好きも満足させることができる香水なんじゃないかと思っている。

NOTES

Top note:Davana
Middle notes:Coffee, Tonka Bean
Base notes:Agarwood (Oud), Sandalwood, Labdanum

ウードの香りがしっかりと香るので、ウード好きにはぜひ試していただきたい。逆にウードが苦手な人には、ちょっと濃いと思われてしまう可能性もある。ただ、スモーキーなのが好きな人とか、甘い系が好みという場合にはやはりこれは外せない香りになるんじゃないかと思うので、やはりいろんな人に試してもらいたい。
日本で、こういう香りの取り扱いが始まったというのは実に嬉しいことで、もっともっとこういう重厚感のある香りが注鼻されないかなって思っている。

My Evalution

★★★★★
文句なしの五つ星。ぼくはこういう香り、無条件で好きなんだなぁ。独特の雰囲気があるし、外国チックという面もあって、エキゾチックな香りを探している人にはぴったり。